関西特有のテンションで夜を盛り上げてくれる京橋のセクキャバ

カメラ

セクキャバのサービスタイムで楽しく遊ぶコツ

モノクロの女性

セクキャバで欠かせないのがサービスタイムです。40分から60分をワンセットという形のお店が多いのですが、そのセットの間の中で必ず1回、お触りタイムやハッスルタイムという形のサービスタイムが巡ってくるように設定されています。このサービスタイムの内容は店の設定によって少々違いがあります。女の子が上半身を脱いでくれるお店や、椅子に座っている男性客の上に女の子がまたがり体を密着してくれるサービスなど色々な特色が有ります。このサービスタイムをいかに楽しむのかがセクキャバで上手に遊ぶコツです。
まずサービスタイムに入る前に、お気に入りの女の子を見つけ出して指名する事をお勧めしてます。フリーで入って気に入った子が相手をしてくれたりすると、迷わず指名する事をお勧めします。やはり女の子もいきなりサービスをするのは戸惑いがありますから、会話をしてお酒を飲ませて、良い感じになった所でサービスタイムに入りたいものです。最初にスタッフからお店の説明を受けるときに、次のサービスタイムのタイミングも聞いておくと良いでしょう。
もう少し楽しみたければ、そのまま時間延長もしてもかまいません。中には自動延長という形のセクキャバもあるので、心配な人は事前にスタッフに延長時間の確認をお願いしておくと良いでしょう。